いよいよ本番、口座の開設、入金、取引開始

自分で取引のルールを作ろう

FXを初めて行うとき、緊張してしまう人は多いと言われています。
デモトレードのときと違って、自分の資金を使っての取引になるため、プレッシャーが全く違うことが分かるはずです。
FXの口座を開設し、入金もして、いざ取引となっても、まずは予定を立てるようにしましょう。
利益をどの程度で確定させるか、どの程度損失が出たら損切りをするのかを決めた方がいいかもしれません。
実際に取引を始めてしまうと、精神的な問題で、損失をだらだら伸ばしてしまうことになります。
そのようなことにならないように、毎回取引を始める前に、利益を確定させるピップ数、損切りを行う基準を確認してください。一度決めた自分のルールは、絶対に破らないようにしましょう。

自分のルールをしっかり守ろう

取引前に自分の取引ルールの確認ができたら、ポジションを持ちます。最初は千通貨から始めるようにした方が、実戦経験を積むことができて良いです。
ある程度自信が持てるようになるまでは、小さいポジションで取引するように心がけてください。
ついポジションを大きくしてしまいがちなので、取引するときは自分の欲に負けないようにしましょう。
ある程度取引をしてみて、自分のトレード結果を確認すれば、このままでいいのか、それとも改善すべきか分かるはずです。
利益を確定したときと、損切りをしたときのピップ数を比較して、最初に決めた自分のルールに近いか判断します。
自分のルールに近ければそのままで、ルールを破っているなら、改善するようにしてください。そうすれば、良い結果が出せるはずです。