いろんな注文の仕方を知り、取引の流れを確認

成り行きや指値注文などの基本オーダーを知ろう

FX取引におけるトレード方法には、基本的な売買形式として指値注文と成り行き注文があります。
指値注文とは決まった為替レートで注文したい場合に使う注文方法であり、トレードの戦略が立てやすく為替レートの激しい時でも安定してポジションを組むことができます。
反対に成り行き注文とは、とにかくすぐにポジションを取りたい場合に使える注文方法であり、どんなレートでも良いのでトレンドにすぐに乗りたい場合に有効な注文形式となっています。
その他にも逆指値注文という注文方法では、持っているポジションの通貨が指定したレート以上や以下になった時に、成り行きや指値で決済するという注文方法もありますので、忙しいサラリーマンでも注文を入れておくだけでトレードが可能ですよ。

完全自動トレードも可能

FX取引においては、指値注文や成り行き注文、逆指値注文などを駆使すれば、日中に相場を見れなくてもある程度の売買が可能になります。
しかし、FX取引会社が提供する自動売買プログラムを活用すると、決められたルールに従って為替レートの決まった動きを捉えて何度も自動売買することができますよ。
会社によっては呼び方は異なりますが、完全自動で売買が可能になりますので、毎日注文を入れる手間も要らず、一度自動売買注文を組んでしまえば、解除するまで同じトレードを繰り返してくれます。
その他にも、自分で為替レートの値動きに関して、条件設定をして売買のプログラムを組むこともできますし、他の人が組んだ自動売買プログラムをそのまま適用することも可能ですよ。